風評被害について、事例から学ぶ対策法

>

どうすれば未然に防げるの?対策法を伝授

チェック!いやな噂をたてられないために

まずは、あなた自身が被害者・加害者になることを防ぐために、風評、つまり噂をたてる人の心理について知っておきましょう。

噂をたてる人は、「噂をたててやる!」というような方よりも、「この人、気に入らないなあ・・・噂をたてちゃえ!」くらいの気軽な気持ちでたてる人が多いです。
その軽い気持ちで相手にどんな被害が出るかも考えずに。
もちろん、企業的風評被害でご説明したとおり、相手の会社の評判を下げるために意図的に噂をたてることもありますが・・・。

ネットですと、「匿名性」によって自分には責任がないと考える方が多いです。
その噂で、もしかしたら相手の人生を変えてしまったり、相手に最悪の選択をさせてしまう場合があるということを理解しておいてください。

もし風評被害を受けてしまったら・・・

もし実際に風評被害を受けてしまったらどうすれば良いのでしょうか。
放っておくと、さらに悪化するばかり。

最近では、様々な企業が風評被害を最低限に抑えるための活動をしています。
ネットで「風評被害 対策」といれてみるだけで、多くの会社が出てきます。

最近のSNSでの拡散に合わせた対策をする会社があれば、企業などの大規模な風評被害に対応してくれる会社もあります。
さらに、あなたが「あの書き込みをしてしまったせいで、もしかしたら自分が加害者になるかもしれない!」というとき、その書き込みを迅速に消してくれる会社もあります。
あなたの被害や加害に合わせて、相談や見積もりをしてくれる会社がほとんどですので、もし風評被害にあってしまった!あわせてしまったかも!という場合は、対策してくれる会社に頼んでみましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る