風評被害について、事例から学ぶ対策法

風評被害にあったら、どうすれば良い?

あなたの勤め先は大丈夫?企業への風評被害

「風評被害って、聞いたことはあるけれど一体どんな被害なの?」
そう思われる方が多いのではないでしょうか。

風評被害とは、「風評」、つまり人の噂によって経済的にデメリットが生じることをいいます。
特に、正確ではない事実や情報による噂で被害を受けた時に使用します。
「噂でそんな被害なんて出るの?」とお思いの方もいるでしょう。
結論としては、出ます。
しかも、ひどいときは、かなりの経済的な被害や精神的な被害を受けてしまいます。

風評被害は、大きく分けてふたつの種類があります。
意図的に起こすものと、そこまで意図的ではないものです。
意図的な風評被害ですと、特に多いのが企業におけるもの。
ライバル会社の悪評を流して、顧客を流首写させる・・・なんてこともあるのです。
そこまで意図的ではないとしたものは、判断が難しいのですが、多くは個人的な被害があるようです。
特に、最近では誰もがスマホを利用することができるので、SNSなどで悪評を囁かれてしまったりして、いわゆる「炎上」のような状態に陥ってしまうこともあるのです。

企業的な風評被害を防ぐためには、かなりの時間や労力がかかってしまいます。
もちろん、個人的な風評被害も、一度ネットで広まってしまうと消去することはほぼ不可能です。

さらに、風評被害は知らず知らずのうちに自分が加害者になってしまうこともあるのです。
SNSで友人のあることないことをつぶやいたり、企業の悪評で嘘をついたり、些細なことでも被害になりえます。
情報を発信する場合は、事実確認をするなどした方が安全だといえるでしょう。

TOPへ戻る